浦和こばと幼稚園

 浦和こばと幼稚園

保育目標

園 訓

なかよく きまりよく げんきよく

浦和こばと幼稚園では 人間として生きていく上で大切なものを子ども達の言葉でおきかえた 「なかよく」「きまりよく」「げんきよく」を3つの柱の園訓としています。

そして21世紀を背負う子ども達の大切な幼児期を豊かな環境のもと 様々な行事や活動を織り交ぜながら日々健康で楽しく過ごしていけるよう、 教職員全員で援助しながら保育を行っています。
こうした園生活の中で日々培われた多くの体験は、指示されるのではなく、自ら考え目的を持って周囲とかかわっていく等、生きる力の基礎を育んでいくこととなるでしょう。
子ども達ひとりひとりの発達をあたたかく見守りながら、その個々に合った保育を行っていけるよう努めています。

浦和こばと幼稚園は

① 多くの体験でひとりひとりの感性を引き出します

自然観察園

じゃがいもやいろいろな植物の栽培をこどもたちといっしょにしています。

自由あそび

園庭での自由な遊びを多くとり園児が自ら主体的に遊べるよう配慮しています。

②日本の伝統文化を大切にします

茶道

本格的なお茶室があり、茶道をたしなみます。

硬筆

悪いくせを身につけてあとで困らないように、正しい鉛筆の持ち方や、書き順を学びます。

伝承あそび

竹とんぼ、凧など、昔ながらのおもちゃをつくって遊びます。手作りのおもちゃは子どもの感性を高めます。

③体力づくりに力を入れています

体操で体力づくり

跳び箱、マット、なわとび、ボール遊びなど、週一回、各クラスごとに専門の講師による指導を行っています。

アスレチック(園庭)

このほかにも楽しく体を動かせるように日常の保育の中で創意工夫をしています

④音楽は体で学びます

音楽リズム

専門の講師による、リトミックや楽器の指導です。情操教育に役立てています。
年中から鍵盤ハーモニカを導入します。音楽会、運動会で日ごろの成果を発表します。

⑤心にのこる親子のふれあいを大切にしています

年中行事

子育ては人生の中でほんの短い期間です。年中行事を通して親子でたのしみましょう

⑥子ども赤十字加盟園です

3つの約束

☆丈夫な体で元気な子ども
☆良い行いをしてみんなの役にたちます
☆誰とでも仲良くします
赤十字の活動を子どもたちにもわかりやすく伝えています。

困っているお友達を助けて上げられる優しい子がこばとにはたくさんいます。

⑦ 縦横の関係を大切に保育を行っています

縦割り保育の導入など

年少・年中・年長、3学年の子どもたちが、かかわりながら一緒に製作をしたり遊んだりする縦割り保育の時間も大切にしています。